個人事業主向け、webとITの取説(トリセツ)読んでみませんか?

スモールビジネスの、まずはここからステップメールの王道(初心者)編

さて、ステップメール作成中です
なので、備忘録!

スモールビジネスの、まずはここからステップメールの王道(初心者)編

ステップメール活用してますか?
ほぼ日刊メルマガもありなんですが、
ものぐさなわたしみたいなのには、
ステップメールがあると、ちゃんとビジネスができますね

今回は、必要最低限でシンプルな7通で完結シナリオです

扱うものによっては長いシナリオの方が良い場合もありますが、
ライティングスキルやコンテンツが必要ですよね~
それは、初心者には荷が重いです。

なので最初はシンプルな7通シナリオを試してみてください、では行きますよ!

■ステップメール1通目

登録の直後のメール。
「登録のお礼」「簡単な自己紹介」「目的」「プレゼントのURL」
の4つです

(サンクスページにも同じ内容を記載しておきます、
 返信メールが届いていない場合がありますので)、

書き方はあなたが、あなたのお客様候補に書く書き方そのものです

・登録のお礼
「ご登録(ご請求)ありがとうございます」は書きましょう、必須です

・自分を紹介します
登録した人は、あなたを知らないですから最初に自己紹介しましょう
内容はステップメールに沿ったもので、簡単に15秒自己紹介的なもの、
長くなる場合は音声や動画でもOKですが、

生活が苦しくて自己破産して、でもこれをやったら大金持ちになりました、
これが証拠の画像です的な、ストーリーは絶対にやめて下さいね(笑、

・目的
「なぜこのプレゼントを送るのか?」
「それで、読者さんがどうなるのか?」
の2点を、簡単にお伝えします

・プレゼント
メルマガ登録のお礼のプレゼント(URLとか)をここでお渡しします。
プレゼントがないなら、その代りにコンテンツを提供しましょう。
案外、スマホ閲覧ならスマホサイトのほうが読みやすいです

読者さんのモチベーションが一番高いのは、この1通目
ここで読者さんの役に立つ情報を提供します。
「詳しくは次回から~」は無しです。たぶん次回は読んでくれません

「プレゼント(コンテンツ)」、
1通目から「このメールは私の悩みを解決してくれそう」
と感じてもらうことで、次回以降の読んでくれる率が高くなります。

■ステップメール2~3通目

メリットがありそうだから読む読者さんが多いので、
忘れずにここでもコンテンツを追加提供します(解説でもいいですね)

「無料なのにここまで教えてくれるんだぁ」と
思ってもらえる情報を提供していくのがオススメです

「無料でこれなら、有料商品はもっと良さそう」
という期待を持ってもらえて、
「この人のメールをもっと読みたい」ベクトルへ向かいます。

※注意

たくさん伝えたい気持ちはわかりますが、
最初から飛ばして大量コンテンツを提供すると、
消化不良で置いてけぼりさんが増えます・・・

量と質のバランスをもって配信していきましょう。

■ステップメール4通目

あなたの商品や活動の熱い想いや理念を伝えてください
どん底から復活のパターンでもいいですが、
できれば、稼ぎ系ではなく、こころ系でお願いします

他にも、
・なぜ、自分はこのビジネスをやってるのか
・あなたにどうなってほしいのか
伝えるのも効果的です。というか大事です、キモです

「役立つ情報をくれそう」プラス「理念や思いに共感できる」
ことで、読者さんとの強い結び付きが生まれ、
同じ商品/サービスでも、

【あなたから提供されたい】のビジネスになってゆきます。

で、あなたの想いの詰まった商品を販売予定している
ことも伝えていきましょう、
そうそうお客さんは、あなたからのこれが欲しいんです。

■ステップメール5通目

・購入後の未来をイメージ
・情緒面の魅力
・機能面の魅力

・この商品で、あなたはこうなれます
 そうなれば、こんなこともあんなこともできるように…、
 といった購入後イメージをお見せするのが大切です

・情緒的魅力:使うことで得られるポジティブな感情、
 自分が好きになる、かっこいい、快適になる…

・機能的価値:商品内容、スペック、利便性、
 類似商品となにが違うか、など

・お金の価値観を共有:こういうものにお金を使うことは、
 実は賢い選択ですよね~という価値観を共有します

■ステップメール6通目

・信用度と期待感を高めるために、第三者(お客様)の声
「使いやすかった(利便性)」「効果がでた(利用後の結果)」
「悩みがなくなり、こうなりました(購入後イメージ)」
 などなど、

 感想内容を分散させることでより多くの人に響く効果があります。

・ここで商品の販売予告も行います。

■ステップメール7通目

・予告どおり商品の販売ページへ誘導します。
 希少性や限定性などがあるとより成約率が高まります。
 「今だけ、3日間だけ限定の特別価格」
 「このメールの読者さまだけ限定プレゼント」
 などを活用しましょう。

・ベネフィットやお客様の声などを、
 切り口を変えて記載することで商品への期待値を高められます

・最後に
 これまでお読みいただいたお礼と、
 今回が最終回ですとして、終了させます。
 明日からはほぼ日刊メルマガを配信していきます
 など、今後の流れもお伝えしましょう

面白そうでしょ、一回試してみませんか?

同ジャンル・関連ページ